国立大学の3年生です。PMDDの自覚があります。ほとんど学校に行けず、

国立大学の3年生です。PMDDの自覚があります。ほとんど学校に行けず、ほぼ留年が確定しています。中退して東京に出てWeb系のアルバイトをしようと思います。PMDD/PMSや中退について、アドバイスをお願いします。 医者にかかったことはないのですが、PMDDの自覚があります。生理前2週間くらいからひどく無気力になり、特定のことに悩んでいるわけではないのにただただ泣けてしまい、動いていてもじっとしていでも泣けてしまいます。そのため、授業にがんばって出席しても授業中に泣きそうになってしまい、無理だと思った日には休むようになりました。また、周りに人がいる状況で長時間作業が出来ず、逃げ出したくなります。しかし、このことは親に相談していません。以下の理由があります。
私の姉は20で子をもうけて結婚し、弟は知的障害者(自閉症)で、一緒に住んでいる父方の祖母は透析に通っています。両親は50代で、最近では体調の不良をたびたび訴えています。私がしっかりしなければならないと心に決めてはきましたが、生理前になると気合だけではどうにもならなくて、大学の授業に出ることができない状態が1年後期から今日まで2年ほど続いています。今期はほとんど授業に出ていません。
大学生活に関わる費用はすべて奨学金から出しています。実家からの援助はありません。「家には負担をかけないこと」を条件に、大学進学を許してもらいました。といっても、私には勉強して国公立の大学に通うことしか選択肢はありませんでしたので、もともと行きたい学部もなく、半強制的に近場の大学に進学しました。
大学受験の時に、ひどく親に失望した言葉があります。「うちの娘が大学にいくなんて思っていなかったから、大学に行くお金なんてためてない」と言われました。それが奨学金のみで大学に通っている理由でもあります。「勉強していい大学に進学しなさい。そうしないと就職できないよ」と小学生の頃から言われ、塾には通わなくともそれなりの成績を残し、国立大学に進学しました。ものすごく努力した経験はありません。しかし、そのような言葉をかけておきながらいざ進学となったときにその言葉を口に出され、いままでの私はなんだったんだろうとひどく傷つきました。
大学は情報系です。そのため、卒業は諦めて、学んだ知識を生かして、東京にでてWeb系のアルバイトをしようと思っています。中途での採用は難しいとは思いますが、挑戦しようと思います。
最低でも休学を考えています。このままではいけないという思いがあります。留年するくらいならやめたいです。生涯賃金など気にしていられません。過保護な親からも離れたい。上京は無謀でしょうか。



先に、ひとこと言っておきますと、中途でWeb系の仕事に就くために上京したいということですが、甘い考えです。私も神奈川に7年間住んでいましたが、生活は大変です。1.ITへの就職について
Web系も含めたITへの中途就職では、未経験者募集はほとんどなく、未経験者でもWeb作成だとDreamWeaverやPhotoshopやIlustraterのソフトは必須です。HTMLやJavaScriptを要求する会社もあります。東京には未経験可の会社は比較的多いですが、全体的に少なく、ソフトが使えることが必須のものが多いです。学歴不問が多いですが、IT専門学校や短大卒が必須の会社も一部にあります。最悪の場合、風俗求人雑誌に出ているアダルトや出会い系サイトを運営し、勤務待遇も怪しい会社に行かないといけなくなります。経験者募集が多いのはソフトの使い方などを研修できる余裕がない会社が多いためです。プログラマーやSEは年齢制限は求人に書かないとはいえ、熟練が必要なので、実際には若い人優先です。他に、技術者協同組合などの独立技術者の団体もありますが、これも加入には実務経験が必要な職能団体です。一度、ハローワークの全国求人検索で求人を確かめてください。厳しいです。
2.大学について
奨学金にもよりますが、基本的に奨学金は4年で卒業が条件です。休学したら奨学金がダメになるのかどうか、そこを大学と相談する必要があります。カウンセラーと心身の状態を相談するとしてもこの状態だと休学して通院を言われる可能性もあります。もし、退学がやむをえない場合、就職は厳しいですが、IT系の学部は、北海道情報大学の通信教育課程があり、3年次編入学可能なので、そちらも考えるとよいかと思います。
3.上京について
上京すると、毎日の通勤が大変です。基本的に神奈川や千葉や埼玉のアパートなどに住んで電車通勤です。古い木造アパートでもない限り、ワンルームでも家賃は月6万円以上が多いです。私も穴場探しに苦労しました。最近、東京の都心の高校に通ってみたいと質問した中学生がいましたが、以下のリンクの質問で回答した満員電車のラッシュ地獄を覚悟する必要があります。バイク通勤は原則禁止です。PMDDの体では、大きなストレスになります。
PMDDとPMSの内容自体は、他の回答者の方と一部は同じですが、不十分な点もあるので回答します。根本的な体質改善が必要です。産婦人科や心療内科・神経科が対応していますが、体質改善までできないところが多いです。
選択的セロトニン再取り込み阻害剤であるSSRI(製品名:パキシル、ルボックス、デプロメール)ですが、危険な副作用があります。主な副作用は、食欲不振、吐き気、便秘、体重増加で、服用後に攻撃的・暴力的になる副作用が出ることもあります。常時服用すると依存性がでて長年飲み続けないといけない状態になり、薬を切らすと、頭痛や吐き気、不眠、強い不安感などの断薬症状がでます。基本的に症状を抑えるだけで、根本の体質を改善する薬ではないので、すすめられません。月経関連の病気や症候群は便秘が一番こわいです。PMDDは精神的なものといわれますが、女性ホルモンや男性ホルモン(女性でも副腎で作られます)のバランスが崩れても精神的な症状は起こります。うつ病と限定するのは不正確です。女性の更年期障害でもうつ状態は現れます。
産婦人科だと、女性ホルモンを処方されたりしますが、これも、うつ、頭痛、吐き気、嘔吐、めまい等の危険な副作用があり、長期服用によって、血栓症(視力低下や失明、脳血栓や肺血栓)、乳がんなどのリスクもあります。
まだ、その点では、保険はかかりませんが、薬によらず、はりきゅう(鍼灸)に通いながら、食事の改善のほうが安全です。薬はせいぜい植物性の生薬である漢方薬程度にとどめるように。漢方薬も即効性はあります。
栄養ドリンクには、アルコールやカフェインや砂糖を含むものがあり、あまりすすめられません。コーラはカフェインと砂糖のかたまり同然なので、アウトです。
食事については、最寄りの自然食品店などで、健康料理に関する情報をさがすといいです。料理教室をやっているところもあります。「粗食のすすめ」などがいいでしょう。具体的には、肉や卵や魚は少なめにして、玄米を食べるのがいいです。
相談できるところとしては以下のものがあります。
あなたと健康社 〒157-0066 東京都世田谷区成城2-35-13 成城ダイヤハイツ2F TEL:03-3417-5051(代表)
瞑想も紹介されていて、瞑想の本も書店に出回っていますが、指導者の指導・監督のもとで修業した上で行うもので、個人で勝手に行うのは危険です。東洋医学的には、良い「気」のエネルギーを導いて健康を回復するものですが、良い「気」を導けるようになるために一定の修行(人によっては長年)が必要です。
◆貴女の場合は、自分をみつめ上京して独立したら病気が治るタイプですね!今までは、誰かを気にして、気にされ、優等生のレッテルを貼られていました・・今ですょ!将来の自分の為にも独立しましょう!