食事を改善し、冷え性と便秘を治したいです! 25才155㎝43キロ女です

食事を改善し、冷え性と便秘を治したいです!
25才155㎝43キロ女です。
長年冷え性と便秘に悩まされています。
便秘は1週間で一回。
冷え性は、常にといっていいほど、手が冷たく爪がよ く青紫になります。
最近身体も精神も不調なことが多いです。
また、食生活の乱れがひどかいので、まずは食生活から見直したいと思います。
冷え性と便秘に効く、食べ物や、漢方や食事などアドバイスお願い致します。



便秘改善には、水分を多目にとる事です、特に朝起きて直ぐにコップ一杯の冷たい水を飲むと、胃や腸が刺激され便意が起こり易くなります。
水分は一日1~2リットル程飲みましょう、水分と言ってもお茶やコーヒー、ジュースでは効果が有りませんのでミネラルウォーターを飲みましょう、朝、オリーブオイルを大さじ一杯飲むのも腸内を刺激します、エキストラバージンオリーブオイルが効果が有ります。
食物繊維や乳製品を積極的に取り入れて下さい、リンゴ、バナナ、プルーン、ごぼう、こんにゃく、納豆、ヨーグルト等です。
便意を我慢するのもよく有りません、忙しいからと言って我慢する事を続けていると、便意が感じられず便秘の原因になってしまいます、適度な運動も必要です。
冷え症は血行不良が原因に有ります、首筋や手首、足首を温めると血行が改善される事も有ります、マフラー、レッグウォーマー、手袋等を身に付けて下さい。
飲み物では紅茶やホットレモン、生姜湯、葛湯、ハーブティ、ココア等が身体を温めてくれます。
食べ物では、いも類、コボウやレンコン、ひじき等が有ります、お風呂もゆっくりと浸かってリラックスする事も必要です、シャワーだけで済ませないで湯船にジックリ浸かり身体全体のマッサージも効果が有ります。
ストレスや疲労を溜めないで、適度な運動、気分転換で精神的にも穏やかにする事も必要です。
◆食事ですが、
まず『同化テクニック』を身に付けてください。
人体の消化(同化)プロセスから考察された
『食べ合わせ』のテクニックもあります。
人体は基本的に同じ種類のものなら
スムーズに消化をしていく事が可能ですが、
それが多種類だったり、食べ合わせの悪い組み合わせで
食事を摂ってしまうと消化器官に負担が掛かります。
(特に膵臓)
全てを記載しようと思うと
かなりの長文になってしまうので
別々でリンクを貼り付けておきます。
参考にしてください。
『食べ合わせ』

『冷え性改善』

『便秘解消』

ここで一番重要になってくるのは
『冷え性』や『便秘』といった症状に
フォーカスをする事ではなく、
『健康体になる』という事にフォーカスをする事です。
健康体になれば自然と冷え性や便秘は解消されます。
どうすればいいかは先ほどの記事を参考にしてください。
参考になれば嬉しいです。
◆漢方では低血圧、低体温は陰性化した体質の象徴であるそうで
陰性食品 ・・・ 白砂糖、パン、トマト(夏野菜)、牛乳
陽性食品・・・生姜、にんにく、唐辛子、ねぎ、玄米、塩、魚
唐辛子を入れた味噌汁を作り、1日2食の玄米食、そば等乾麺で自炊
血行の悪さも冷えを呼び、日本人ばかり冷えているのは
動物性脂肪(固体)への適応力のなさと考えられ、魚介と植物が安全。植物油脂にも常温で固体のものがあり(パーム油 ショートニング カカオバター…)食べたくば断食と運動で相殺するしかないね