烏龍茶は飲みすぎると良くないということはありますか? 1リットルく

烏龍茶は飲みすぎると良くないということはありますか? 1リットルくらい飲んだら飲みすぎなのでしょうか?



「烏龍茶」は今や誰でも気軽に行えるダイエット方法として性別問わずたいへん注目を集めている飲料となっています。
サントリーから販売されている黒烏龍茶は通常の烏龍茶と同量のカフェイン量を保ったまま、脂肪の吸収を抑え、体外へ排出させる効果を持つ烏龍茶ポリフェノールの含有量を増加させた烏龍茶として注目を集めています。
しかし、優れた効果や効能を持つ烏龍茶だからこそ飲み過ぎればデメリットも副作用も生ずる可能性があります。
一時期「烏龍茶を飲むとガンになる」という噂が流れたかと思います。
烏龍茶には「アクリルアミド」と呼ばれる強い毒性を持つ成分が含まれています。
アクリルアミドが話題になったのは2002年にスウェーデン政府が公表したことで話題になった成分です。
アクリルアミドは烏龍茶に限らず、コーヒーや麦茶、ポテトチップスにクッキー、トーストやナッツ類、ビールなど様々な食品に含有されています。
しかし、食品に含まれるアクリルアミドが人間にどのような副作用やデメリットを引き起こすか判明しておらず、乳児が口にする食材からは取り除くようにという勧告がされている程度です。
日本食品安全委員会も現在このアクリルアミドに関しての検討を行っておらず、副作用やデメリットに関しては判断を示していません。
ですが、摂取量を抑えるに越したことはありません。
烏龍茶を摂取する場合は飲み過ぎには注意しましょう。
烏龍茶は健康や美容に効果があると知り、飲み続けている方も少なくありません。
しかし、近年の烏龍茶に関する研究によって烏龍茶の飲み過ぎが要因となって糖尿病を発症するリスクが高くなることが判明しました。
血糖値を降下させる効能を持つ烏龍茶を飲用することで糖尿病の予防になる烏龍茶がなぜ糖尿病を引き起こす要因となるのでしょうか。
京都大学の医学研究科の方々による生活習慣病の予防に関する研究で判明したことですが、
烏龍茶を1日1杯飲用する場合の糖尿病発症リスクを1と仮定すると、
1日2杯以上飲用した方は1日1杯しか飲まなかった方と比較して1.64高くなり、
およそ64%の確率で糖尿病を発病する危険があることが分かったのです。
また、この研究で烏龍茶を全く飲まない方と1日1杯烏龍茶を飲む方では糖尿病にかかる危険性に差はありません。
結果をまとめますと、烏龍茶を飲み過ぎると糖尿病発症リスクが上昇するというデメリットや副作用があるということです。
現在糖尿病に効果があると言われる飲料に関する論議が起こっており、今後の動向が気になります。
ですが、烏龍茶が糖尿病に良いという概念は取り払った方が良さそうです。
烏龍茶を飲み過ぎると下痢や太りやすい体質になるというデメリットや副作用があります。
特に黒烏龍茶に良くみられる副作用であり、適量を守らず摂取した場合に起こります。
ダイエットのために黒烏龍茶を日常的に飲用していると、1日の摂取量をオーバーしてしまい、下痢を引き起こしてしまいます。
よくお腹が冷える方や食物繊維を摂取してお腹をこわす方は黒烏龍茶の飲み過ぎには注意しましょう。
また、黒烏龍茶によって下痢を引き起こしてしまうと、体外へ排出されてしまった栄養成分を補おうと身体が働きかけます。
すると、便秘になったり、身体に脂肪が付きやすくなったりとデメリットが発生します。
他にも烏龍茶に含有されているカフェインによるカフェイン中毒や烏龍茶の脂肪分解能力による胃粘膜の分解によって胃壁に傷が出来てしまい胃痛を引き起こす要因となります。
健康に良い烏龍茶ですが、飲み過ぎれば毒にもなります。
何事も適量が1番ですので、
飲み過ぎないように注意してください。
◆個人的にはお腹痛くなる。
ダイエット成分も飲みすぎると、全て老廃物とし排出されるので、大飲みするなら水にしましょう。
◆烏龍茶にもカフェインが入っています。
カフェインの過剰摂取は中毒を引き起こします。どの程度、体制があるかは人に拠ります。
まぁ、妊婦が毎日1L飲んだらアウトだと思いますよ。他にも、服薬中の人や子どもも、その量は気を付けた方が良いかと。
◆ウーロン茶は油を落とすので
たくさん飲むと喉の油も落ちて喉がいがいがしませんか。