メロンやイチゴは野菜に分類されます。メロンも体に良く、人参やトマ

メロンやイチゴは野菜に分類されます。メロンも体に良く、人参やトマト、ピーマンなどの野菜を食べるのと同じような効果があるのでしょうか?



メロンの主成分は 果糖、ショ糖、ブドウ糖などの糖分です。
吸収が早く即効性のエネルギー源となり、食欲も増進させます。
またメロンに含まれるクエン酸には糖の代謝を活発にし、
筋肉疲労の原因である乳酸を燃焼させてエネルギーにかえる働きがあるため疲労回復にも効果的です。
甘さが強くカロリーが高いと思われがちですが、
100g42kcalとみかんやリンゴよりも低カロリーです。
夏のカリウムが多い果物というとスイカを連想しますが、
実はメロンの方がカリウムの含有量は多く、
メロンのカリウム含有量はスイカの約3倍(350mg/100g)もあります。
夏場は汗をかくことでカリウムが失われやすいのでメロンで補給することで夏むくみ緩和に効果が期待出来ます。
果肉がオレンジ色の赤肉メロンは体内でビタミンAに変わるβ-カロテンの含有量が高く、
100g中3600μgと緑黄色野菜の基準である600μgを大きく上回ります。
小松菜やニラなどの野菜よりも含有量が多く、野菜・果物を総合してもトップクラスと言えます。
β-カロテンはカロテノイドに属し、強力な効果酸化作用を持っていますし、
皮膚の新陳代謝を促進することからターンオーバーを整え、美肌作りにも役立ってくれます。メロンに共に含まれるSOD酵素やビタミンCと相乗することで、美肌・美白作用や老化防止(アンチエイジング)効果が期待出来ます。
メロンの栄養成分で注目したいのはGABA(ギャバ:γ-アミノ酪酸)が多く含まれているということです。
GABAはアドレナリンの分泌を抑制することで脳内の興奮を鎮め、
平常心を保つ手助けをしてくれることでリラックス効果・精神安定作用があることで注目されています。
抗ストレス作用もありますので、
ストレスからくる様々な不定愁訴の緩和改善にも効果が期待出来ます。
メロンに含まれるGABAは温室メロンのほうが他のメロンよりも約30%多く含まれるとされています。
※メロンは水溶性食物繊維(ペクチン)が豊富だという説もありますが、
栄養成分表で見ると100g中0.2gと含有量は多くありません。
食物繊維総量自体も0.5gと微量ですので、
食物繊維の補給や便秘の解消を期待する場合は別のものを摂取した方が良いでしょう。
※メロンは体を冷やす作用もあるとされているので、
冷え性の人は食べ過ぎに注意して下さい。
◆そう思うなら、自分で成分くらい検索すればいいだろ。