大阪で過食症をなおす病院はありますか? できれば両親と一緒にではな

大阪で過食症をなおす病院はありますか? できれば両親と一緒にではなく、自分1人で通う事ができる病院を探しています。
また、私は過食症といっても吐く事はありません。こんな私でも過食症の病院に通っても良いのでしょうか。
また、薬は副作用があるとの事なので、薬を使わない病院を探しています。
色々とお願いしてすみません。
数年間悩み続けてきた過食症をなおしたいのでご回答よろしくお願いします。



大阪に住んでいないので、どこの医療機関が良いか、ということは、残念ですがわかりません。過食症ということですが、嘔吐は無い様ですが、治療には時間がある程度必要になります。過食症を含めた摂食障害の治療の専門は、精神科になります。薬は副作用が怖いということですが、気持ちは十分理解できます。しかし、副作用の無い薬というのはありません。過去にあなたが服用したことのある薬で副作用が出た場合でも、他の方には問題は無いということもありますし、あなたが服用して問題が無かった薬でも、他の方には副作用が出ている、ということも必ずあります。医師、薬剤師向けの、薬の箱の中に添付文章が必ず入っています(公定文章ですので、色々な副作用だけではなく、作用機序や、その参考文献、臨床試験のデータなど)これを一般の方が副作用の項目だけを読んだら、全ての薬を飲むことが怖くなると思います。(自分の手を顕微鏡で見ると、食欲が無くなるのと似ています。変な例えですが)本題に軌道修正しますが、ある程度の期間、ご両親に秘密にして治療を受けるというのは、難しいと思います。1週間、1ヶ月位でしたら、何とかなるかと思いますが、症状などを医師が判断して、薬物療法の他にカウンセリングなどを行うこともあります。はっきり言いますが、時間は掛かります。完治もします。ただ、過食症になった原因によっては、同じ様な状況の中におかれた場合、再発することもあります。周辺の環境というのも影響が大きいので、環境改善にご両親の協力が必要になることも、けっこう多いことも事実です。周囲の方の協力は、絶対と言って良い程、必要になります。ですので、ご両親に秘密で治療を受けることは、不可能ではないと思いますが、好ましい結果にはならない可能性があります。(治療に繋がらないこともあります)薬ですが、始めに書いた通り、副作用が無い薬はありませんし、非薬物療法だけで完治させることは、困難だと思います。何らかの薬は必ず必要になります。副作用に対する注意をすることは、非常に大切なことです。しかし、副作用を恐れ過ぎて、必要な薬までも拒否する様ですと、治療自体が困難になります。副作用と言いますが、一つは医師も予測できない副作用、もう一つは医師はある程度の副作用が出ることを予測して、副作用対策をして薬を処方(必要な薬と、副作用を防ぐ、または軽減する薬を同時に処方する)することがあります。副作用の中には、100人に1人位、発現するものから、10万人に1人位の副作用まで、様々です。気を着けたいのは、発現頻度の少ない副作用です。医師や薬剤師でも、事前に予測できない副作用があります。死亡例もあります。ここで大切なことは、非常に稀な副作用の初期症状を見逃さないことです。と言っても、特別なことをしたりすることではなく、「何かいつもと違う」、「何かおかしい」と感じた時には、直ぐに処方医の診察を受けることです。初期症状が出た時点で副作用と診断が着けば、直ぐに治療を開始できます。中には急激に容態が悪化することもありますので、簡単なことではないことは事実です。(劇症肝炎などが良い例)しかし、全ての薬には副作用がありますし、その副作用があなたに必ず発症するとは限りません。これも事実です。私事で申し訳ありませんが、一つの例ですが、私はインドメタシンなどインドール酢酸系薬に過敏症があります。しかし、両親共にインドメタシンの湿布を平気で使用していました。実の親子でも、この様に極端な例があります。他の解熱消炎鎮痛剤(プロピオン酸系、フェニル酢酸系)は問題ありません。インドール酢酸系解熱消炎鎮痛剤だけに過敏症があり、尚且つ両親は全く問題なし、という実例です。ですのであまり薬の副作用だけを気にすることには?です。最も何でも薬を、ということよりは良いことです。薬の作用と副作用というのは、表裏一体のものです。咳止めのリン酸コデインは、咳止めの作用は強力ですが、腸の蠕動運動抑制作用もあり、便秘が問題になります。非感染性の激しい下痢を止める時には、このリン酸コデインを使用します。この場合、咳を止める作用がある位ですので、呼吸抑制が問題になります。この様にある症状には作用として、またある症状には副作用となることもあります。もし、医師の診察を受けて過食症を治療したい、と思っているのでしたら、薬についても医師に薬に対する疑問点や、私の下手な説明で納得できないことを、思いきってぶつけてみると良いと思います。偏屈な医師でなければ、あなたが、どの位本気なのかわかるはずですし、私よりも専門医の方が良くわかる様に解説をするはずです。納得が行くまで説明を求めることも大切です。患者さんには「知る権利」があります。医師には「答える義務」があります。下手くそな説明ばかりになってしまいましたが、なるべく周囲の方の協力を得て専門医の診察を受けて、治療を受けることをお勧めします。早く治療を開始すれば、早く治癒するはずです。ただ、風邪などよりは時間が掛かります。その点については理解をして下さい。早く治療を受けて、早く治して下さい。但し、焦りや無理は禁物です。マイペースが大切です。