うつ病についての相談です。長文ですみません。夫は、9年間くらいう

うつ病についての相談です。長文ですみません。夫は、9年間くらいうつを患っています。程度の差はありますが、病院に通いながら、なんとか仕事もやってきました。 本人が変えたい、と思った時に、病院を変えたりしましたので、今は3つめの病院を一年ほど通っておりおます。
今年に入って、急激に調子が変わりました。ものすごく眠いといい、休みの日は夕方くらいからコンコンと寝る様になりました。体重は5,6キロは増え、何より腸の調子が悪くなっています。今までは、どんなに調子が悪い時でも、快便で、一日2、3回くらいは便を出す様な人が、全く出ない日も多々あります。
以前は運動などにも通い、バランスを保っていましたが、今は身体が重くだるいので、全くする気がないそうです。もちろん、やる気も起きてません。病院でお腹の事なども相談したそうですが、「薬を変えていきましょう」としか言われていません。
もちろん典型的なうつだろう、と思いますが、こんなに寝るようになったり、便が出ない、急激に太る、等は今まで調子が良くない時でもなかった事です。
私はヨガや呼吸、気功に興味があるので、腸がどんなに大切かわかっていますし、セロトニンを出す腸が元気だったのだけが、良かったと思っていたのです。おそらく太ったりするのも腸が弱っているからでは、と不安です。呼吸を教えてあげたりしますが、本人が興味が薄いので、一人の時などは全くやっていない様です。
長くなりましたが、私としては減薬をしていきたい、という事と、できるだけ自然療法、気功や呼吸などで直していってほしいと思っています。もちろん減薬も時間をかけてになりますが、良い本などはありますでしょうか?うつの本でも、気功、健康の本などでもかまいません。また、お医者さんに減薬したいと言って大丈夫でしょうか?
本人がかなりつらそうなので、なんとかしてあげたいと思っています。何かご存じでしたらお願いいたします。



薬の副作用に便秘や過眠はあると思いますが、過眠は鬱病の状況でもあります。体重増加は抗鬱剤の副作用もありますが、運動不足であることもあります。
本当のところはわかりませんが、ご主人本人が症状を詳しく医師に伝えて、医師の判断のもとで服薬、減薬してください。
急性期に減薬は逆効果です。
鬱病は薬だけでは治りませんし、自然な力で直せたらベストですが、そんなに簡単にいくものではないです。
今はお薬の力をかり、認知療法も併用してください。
ある程度良くなれば、ヨガなどはよいかと思います。
腸の調子を良くするのは体の為にはよい事です。
気功まではいかなくても、私は深呼吸をすることで過呼吸発作がなくなりました。
少し高い本ですが。
いやな気分よさようなら
は、認知療法や薬の事がわかりやすいです。
分厚い本ですが。
◆自己啓発が足りないんだぜ~い
ガキの頃に甘やかすとダメなんだぜ~い
今更、遅いかも知れないぜ~い ワイルドだろ~
◆長くなりましたが、私としては減薬をしていきたい、という事と、できるだけ自然療法、気功や呼吸などで直していってほしいと思っています。

そんなので治るのなら、病院とか医者なんか必要なくなりますよ。
また、お医者さんに減薬したいと言って大丈夫でしょうか?

別に問題はありませんが、症状が悪化しているのに、薬を減らすというのは、医学的根拠に欠けると思いますが。
何かご存じでしたらお願いいたします。

うつ病は、非常に治りにくい病気です。
インフルエンザなら3~4日で治るでしょうが、そんな簡単な病気ではありません。
気功とか呼吸法とか、気合いなんかで治るモンでもありません。
きちんと精神科を受診し、医師に症状を詳細に伝えて、薬の量を増やして貰ったり、変更して貰ったりしましょう。
私はヨガや呼吸、気功に興味があるので

貴女は乳ガンのステージ1と診断されて、医者に行かずにヨガとか呼吸、気功で治すのですか?
それでガン細胞が消滅しますか?
◆減薬したいのは、便秘やらが薬のせいだからと言う事のようですね
本当ですか?
あなたは素人で医者じゃない
その判断は医師がします
あと、本人がうつの場合、じゅぶんに日常生活の状況を医師に伝えられない状態かもしれないから、次回の診察時には、診察室に同行してください
あなたの夫が「嫌だ」と拒否すれば無理ですが、嫌がらなければ可能です
夫婦で事前に話し合うことが必要です(あなたの同行について)
その前に、やることがある
記録をつけることです
本人は無理だから、あなたが書く
ノートを用意して、日付 タイムスケジュール(5時~翌日の5時までで1日)で、何時から何時に寝て、食事して、入浴して、仕事して、運動したら運動の時間、読書なら読書、ネットならネット 眠ってはいないけど、横になっていた時間を書き込むんです
それ以外に、医師にわかりやすくするために 一日の合計睡眠時間、仕事時間、起床時の眠気の有無、指示された時間に服薬できたかどうか(朝 昼 晩 寝る前に分ける)、日中の眠気の有無、排便の有無 を別枠で記録
このくらいやらないと、便秘するようになりました って医師に言っても、どの程度なのかがわからないから、医師は「そうですか」くらいに受け取りますよ
・・・セロトニンを出す腸が元気だったから、なんなのですか?
セロトニンは、便秘とは無関係です
それに、腸のセロトニンは、うつとも無関係
あなたがどう力になれるかは、きちんとしたデータをつくり、主治医に見せることです
そのうえで、自分はどうしたら相手のためになるのか、医師に聞けばいい
うつは、段階がある
調子によって、周りの人間に望まれる対応は、変化する
セロトニン、あなたの知識は無茶苦茶です
何もわかっていないことを、理解した方がいい
じゃなきゃ、回復の足を引っ張ることになる
◆9年ですか,僕とあまり変わらないかな。
貴女が一緒に付き合ってあげることが前提ですが,ここ知恵袋で双極性の方に教えて貰ったものに,
大野 博之『心理療法のためのリラクセイション入門 主動型リラクセイション療法《サート》への招待』遠見書房
があります。ヨガ系のストレッチです。結構本格的なので,独りでは敷居が高いから,付き合ってあげないと実践は難しいと思いますが。
それから,太るのは,心を安心させるために,食べているからですよ。食べると気分が落ち着きますから。
減薬は,無理は厳禁でしょう。鬱は,大波小波がありますから,それに合わせて調整するのが基本です。生活が改善できれば,症状も軽くなる,そうしたら処方も軽くする。必要なら頓服を貰い,発作的な症状に備える,といったところが,一番かなあ。
昨年のクリスマスイブは,出国審査を終えた後で発作的に症状が出て,頓服飲んでラーメン食べて気分を落ち着けるのに苦労したけど。飛行機乗らずに帰ってしまいたかったけど,手続きが分からないから覚悟決めて,飛んだけどね。頓服は,減薬の手ではあります。定常薬は軽くできますから。
久しぶりの書き込みなんで,……。知恵ノートにいろいろメモってありますから,僕のプロフィールから開いて,御覧下さい。
ストレッチもいいけど,二人の会話「など」でリラックス,が一番やと思いますよ。二人してお健やかにね~!(通院鬱・不眠のおっさんより)
◆何が辛いの?抑うつ?過眠?便秘?過体重?
長く書いているけど、シンプルにしてくれ。
回答者は患者だからね。