登録販売者の過去問をやっているのですが、下記の問題で、答えはわか

登録販売者の過去問をやっているのですが、下記の問題で、答えはわかったのですが解説がないので、なぜそうなるか教えてください。 次の表はある制酸薬に含まれている成分の一覧である。
<3包中>
・水酸化マグネシウム ― 450mg
・合成ヒドロタルサイト ― 780mg
・沈降炭酸カルシウム ― 900mg
・ホップ乾燥エキス-Q ― 33.2mg(ホップとして471.5 mg)
・アルジオキサ ― 150mg
・ピレンゼピン塩酸塩水和物 ― 46.9mg
この制酸薬を購入しようとしている60 歳代の女性に対する説明の趣旨の正誤について、正しい組み合わせはどれか。
a緑内障の診断を受けた人は、使用する前に、治療を行っている医師又は処方薬の調剤を行った薬剤師 に相談してください。
b自動車を運転する方でも安心して服用できます。
c有効成分の水酸化マグネシウムは、腸内容物の浸透圧を下げることで糞便中の水分量を減らし、便秘 を引き起こすことがあります。
d腎臓病の診断を受けた人は、使用する前に、治療を行っている医師又は処方薬の調剤を行った薬剤師に相談してください。



この薬の主成分である水酸化マグネシウムと合成ヒドロタルサイトの副作用が、緑内障、腎臓病を悪化させる恐れがあるからです。
水酸化マグネシウムは、まれに軟便を引き起こす場合があります。
自動車の運転に関して注意しなければならない成分は含まれていないので、説明の必要はないでしょう。
◆スミマセン。車の運転に注意しなければならない成分はないということは、bは正じゃないんですか?
実際答えは誤になっていたのですが
◆職場などに薬剤師がいれば聞いてもらえれば分かると思いますが、
ピレンゼピンが抗コリン作用により緑内障のタイプによっては悪化させる可能性が、水酸化マグネシウムは腎臓が悪いと溜まりやすく高マグネシウム血症を引き起こします。
高マグネシウム血症の自覚症状としてはダルさ吐き気、筋力低下、血圧の変化
などがあります。
腎臓病や透析を受けている方にはおすすめできないお薬です
他の選択肢はbは無くCはマグネシウムの成分は医療用の処方箋が必要な薬で制酸剤の他に塩類下剤(マクミットやマグラックスという薬の名前)として便に浸透圧を利用し水分を含ませるタイプの下剤として使われています