便秘は良くないみたいですが、軟便が何日も続くのもダメですか?便秘

便秘は良くないみたいですが、軟便が何日も続くのもダメですか?便秘症ではなかったのですが、痩せるお茶に便が出やすくなる成分入っていて1日3回も出ます。続けてみたいのですが、軟便ってよくない理由があれば教 えてください。



軟便についてのご質問ですね。
早速ですが、回答していきたいと思います。
軟便とは
水分量が多い便(うんち)のことです。
通常のバナナ様の便は水分量が約70%ですが、軟便では水分量が約80%になります。水分量が90%を超えると便は液状になり、一般的に下痢と言われます。水分は主に大腸で吸収されるので、大腸において水分吸収が不十分な時に起こります。
軟便は、体調が悪かったり、食べ物により大腸の働きが悪くなることで起こる症状です。食べ物としては、脂肪分を多く含むものを食べるとよく起こります。原因としては、小腸のリパーゼという酵素で脂肪が分解されたときに生成する脂肪酸により起こることがわかっています。脂肪酸は小腸においてGLP-1という物質を分泌し、GLP-1は大腸において水分吸収を抑制するため、このような症状がでると考えられてます。
軟便の症状
軟便とは、柔らかい便のことです。下痢の場合は、水分が多すぎて固まりにはなりませんが、軟便は固まり状になっています。しかし、通常の便に比べると、水分が多く、どろりとした感じで、そのため排便時のキレが悪く、すっきりとしない感覚になります。従って、排便がまだ終わっていないような感じとなり、再びトイレに駆け込むというようなことにもなります。
その原因として考えられるのは、まず水分の取りすぎです。特に、寒い季節や、運動不足の時には、発汗による水分の流出が抑えられるため、水分がそのまま体内に残り、柔らかい便となってしまいます。
次に考えられるのは、ご飯や麺類など炭水化物の多量摂取と、食物繊維を含む野菜の摂取不足です。あるいは、腸内の善玉菌不足による腸内環境の悪化ということも考えられます。これに対しては、野菜やヨーグルト、納豆などを摂取することにより、食事内容を改善することが望まれます。
最後に、腸の機能が弱まっている可能性もあります。遺伝的なものや、薬の副作用によるもの、加齢によるもの、あるいは運動不足などにより、腸の水分吸収能力が衰えている可能性がありますので、医者にご相談をされるのがよいと言えるでしょう。
軟便の原因
正常な状態の腸では、腸の「ぜんどう運動」により腸の内容物を肛門の方へ運びます。その際、内容物中の水分が腸から体内に吸収されて、適度な水分を含んだ便になります。この時、何かの原因でぜんどう運動が活発になり過ぎたり、水分の調整機能に問題が起きた時に、便の中の水分量が増加して軟便となります。
原因には様々なものがありますが、症状の出る2~3日前までさかのぼることで特定できる場合があります。
生ものや賞味期限切れの食品を食べた事による「食あたり」、水分の取り過ぎやお酒の飲み過ぎ、硬度の高い水の摂取などによる「水あたり」が考えられます。牛乳を飲むと軟便になるという人は、「糖類不耐症」とういう体質である可能性があります。糖類不耐症の人は、糖類を分解する酵素が少ないために、牛乳中の糖類をうまく分解できず下痢や軟便となります。
抗生物質などの薬による副作用や、冷房のかけ過ぎによる冷えなどが原因となる場合もあります。また、環境の変化や、試験や会議などの大切なイベントの前、対人関係など、精神的ストレスが原因となる場合もあります。
慢性的に便がゆるい状態が続く場合には、不規則な生活習慣や、日常のストレスが原因となっているケースが考えられます。
軟便の予防/治療法
軟便の原因となる事柄はいくつかあります。予防、治療をするためには、まずは自分の場合は何が原因となっているかを探るところから始めます。
思い当たることを紙に書いてみたり、1日の生活リズムとともに食事内容を書き出してみます。特に、食事内容は書く事で、自分が何をどれくらい食べたり飲んだりしているかがわかりやすくなります。摂取しているサプリや薬などがあれば、「お腹がゆるくなります」などの注意書きがないか確認します。
自分の生活を整理して把握したあとは、軟便の原因となりそうな事柄を取り除いていきます。食事に関しての注意点は、暴飲暴食をしない、刺激のあるものは避ける、消化の良い物を食べる、などがあります。飲み物も、コーヒーなどのカフェインを含むもの、冷たいものやアルコールは避け、なるべく常温のものを少しずつ摂取するようにします。また、冷えも要因の一つです。冷房の効き過ぎなどにも注意し、お腹や腰を冷やさないようにしたり、お風呂に入るときはお腹をしっかりと温めるようにします。ストレスも胃腸への負担となります。食事内容や生活習慣などを見直したあとも改善せず、軟便の状態が長く続くのであれば、医師に相談するようにしましょう。
軟便の薬の上手な選び方・使い方詳細をみる
軟便の薬と言ってもすべて同じではありません。大きく分けると、腸の動きを抑える薬、腸壁を保護する薬、腸内細菌を整える薬があり、あなたの症状に合わせて使い分ける必要があります。
まず、悪い物を食べたわけでもないのに腹痛がして軟便が出る場合は、腸の動きが活発になりすぎたことが考えられます。これには腸の動きを抑える薬を選ぶことが必要です。この効き目を持つ薬には、ロートエキス、ロペラミド、あるいは木クレオソートという成分が含まれていて、腸の中を便がゆっくり通過するようにします。
続いて、食べ過ぎ飲み過ぎの後の軟便は、働かされすぎた腸が炎症を起こしていることが考えられます。この場合は、腸壁を保護する薬をえらんでください。タンニン酸という成分がこれに該当します。傷ついた腸を保護して、便の水分が充分に吸収されるようにしてくれます。
そして、便秘と軟便を繰り返す場合や、何も理由が思い当たらないのに軟便が出る場合、腸内細菌のバランスが崩れていることが考えられます。これには、腸内細菌を整える薬を選ぶと良いでしょう。多くの場合、乳酸菌やその食料となるオリゴ糖が主な成分で、腸内細菌のバランスを整え、腸内を自然に近づけていきます。
参考になりましたら、幸いです。